前回の記事で、「JDK」をインストールが完了していることが前提です。

準備は、以下の3つの段階があります。

  1. Java開発環境「JDK」(Java Development Kit)のインストール
  2. Android開発環境「Android SDK」のインストール
  3. 端末毎のUSBドライバのインストール

長い道のりになりますので、記事も以下の3部に分割させて頂きます。

  1. Android端末でスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮る方法 その1 JDK編
  2. Android端末でスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮る方法 その2 Android SDK編 (この記事)
  3. Android端末でスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮る方法 その3 USBドライバ編

是非、お付き合い下さい。

スポンサードリンク

Android開発環境「Android SDK」のインストール

Googleが運営しているAndroid開発者向けサイトのSDKダウンロードサイトにアクセスします。
以下のような画面が表示されますので、赤丸部分をクリックします。(本画面は現時点です。時期によっては画面が異なる場合があります)

SnapCrab_NoName_2012-10-19_17-8-38_No-00

いきなりダウンロードが開始されますので、ダウンロードされたファイルをダブルクリックで実行して下さい。
インストール時にのチェックポイントは、下図の部分ですが、ここはデフォルトのまま進みましょう。

SnapCrab_Android SDK Tools Setup _2012-10-19_17-17-56_No-00

次に、インストール先のフォルダを指定する画面ですが、Pathの設定等が後でありますので、ここはシンプルに途中を省略した「C:\android-sdk」としておきましょう。

SnapCrab_Android SDK Tools Setup _2012-10-19_17-23-4_No-00

それ以外は、デフォルトで一気にインストールして、下図の画面がでれば、インストール完了です。

SnapCrab_Android SDK Tools Setup _2012-10-19_17-25-21_No-00

この画面で「Finish」ボタンをクリックすると赤丸部分のチェックが効いて「SDK Manager」が開きますので、このまま継続して「SDK Manager」の設定を行います。

SnapCrab_Android SDK Manager_2012-10-19_17-35-39_No-00

「SDK Manager」では、「Tool」以下の「Android SDK Tools」と「Android SDK Platform-tools」、
「Extras」以下の「Google USB Driver Package」のみチェックして「Install 2 packages…」をクリックします。
その他のオプションは、上図の通りで進めましょう。

次に表示された下図では、「Accept All」を選択し「Install」をクリックします。

SnapCrab_Android SDK Manager_2012-10-19_17-41-13_No-00

続いて表示される、以下の画面も「Yes」でクリアします。

SnapCrab_Android SDK Manager_2012-10-19_17-44-29_No-00

下図が表示され「Done loading packages.」のメッセージが確認出来れば、「Close」ボタンをクリックして、完了です。

SnapCrab_Android SDK Manager_2012-10-19_17-46-6_No-00

「Android SDK」のインストールの〆に、パスの設定をします。
通すパスは、「platform-tools」と「tools」なので、「;C:\android-sdk\platform-tools;C:\android-sdk\tools」を追加しておきます。
パスの設定は、「エクスプローラー」で「コンピュータ」を選択し、右クリックで「プロパティ」を選択すると下図のように「コントロールパネル ホーム」が開きますので、赤丸の「システム詳細設定」をクリックします。

SnapCrab_NoName_2012-10-19_17-53-18_No-00

すると、下図のように「シスタムのプロパティ」ダイアログの「詳細設定」タブが開きますので、「環境変数」ボタンをクリックします。

SnapCrab_システムのプロパティ_2012-10-19_17-57-22_No-00

開いた下図の「環境変数」ダイアログの赤丸部分の「Path」の行を選択して、「編集」ボタンをクリックします。

SnapCrab_システムのプロパティ_2012-10-19_18-1-15_No-00

次に開いた下図の「ユーザー変数の編集」ダイアログの赤丸「変数値」の末尾に「;C:\android-sdk\platform-tools;C:\android-sdk\tools」を追記して、「OK」ボタンをクリックし、パスの設定作業が完了します。

以上で、Android開発環境「Android SDK」のインストールがやっと完了しました。

ゴールまでは、後1段階あります。 以下の記事も合わせてご覧下さい。

  1. Android端末でスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮る方法 その1 JDK編
  2. Android端末でスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮る方法 その2 Android SDK編 (この記事)
  3. Android端末でスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮る方法 その3 USBドライバ編

では、次の記事で。